認知症治療

認知症診療について

認知症診療のイメージ写真

以前は精神科領域の疾患という認識であった認知症も現在は色々な治療薬が開発され、私ども内科医でもその進行を遅らせる事が可能となっています。
認知症は早期発見し、進行を遅らせて良好な状態を長く保つ事が重要です。
そのためには初期症状を理解し、「もしかしたら・・」という意識を持つ事が早期発見のまず第一歩です。

認知症の初期症状とはどんなものですか?
家族が気付きやすい症状としては
  • 「同じことを何度も言ったり聞いたりする」
  • 「置き忘れやしまい忘れが多くなった」
  • 「物の名前が出てこなくなった」
  • 「怒りっぽくなった」
などです。
加齢による物忘れと、認知症による物忘れとは何が違いますか?
加齢による物忘れと認知症による物忘れは、例えば以下のような違いがあります。
  • 加齢のよる物忘れ
    「うっかり約束の時間を忘れる」,「印鑑をどこにしまったか忘れる」
  • 認知症による物忘れ
    「約束したこと自体を覚えていない」,「印鑑をしまった事自体を覚えていない」
認知症になりにくくするにはどうしたらよいでしょうか?
認知症の原因の6割を占めるアルツハイマー型認知症の発症には生活環境が大きく影響することが分かってきました。以下のような事を積極的に取り入れましょう。
  1. 食習慣
    • 野菜・果物をよく食べる
    • 魚(EPA.DHA)をよく食べる
    • 赤ワイン(ポリフェノール)を適量飲む
  2. 運動習慣
    週3日以上の有酸素運動をする
  3. 社交性
    人とよくお付き合いをしている
診療所について

内科・循環器内科・呼吸器内科・アレルギー科朝日中央診療所

〒332-0006 埼玉県川口市末広3-2-3
tel. 048-222-3032

  • 駐車場7台分あり
  • JR川口駅より東武バス・国際興業バスで「朝日三丁目」バス停下車、すぐ目の前です
  • 当院は、朝は8:00、午後は14:30から入り口が開錠されて院内に入れます。
診療時間
9:00~12:00 ~13:00
15:00~19:00 ~18:30
  • 休診日:金曜・土曜午後・日曜・祝日
    ※火曜日のみ午後は18:30までとなります。
PAGETOP